オタクと友達

皆さんこんにちは。

私は根はわがままで打たれ弱くて考えすぎな性格の女です!(救いようがないね!?)

でも、一応大人なので気遣いと礼儀は心掛けておりますよ!ほんとですよ!

 

私は根がこういう子供っぽい性格なので、とにかく優しい人が大好きです。

私の友達は全員こんな私を受け入れてくれる優しい女だということは断言できます。

(ちなみにどうでもいいけど私は男の人と関わるのが苦手なので、男友達という存在は皆無です…。)

 

オタクも非オタも含めた私の友達がどんな人たちかと言いますと、共通しているのがみんなひょうきんで面白いセンスを持っているところ!

 

正直私、ふっつーの女性が話してる内容って全然共感できないんですよね。

「こないだ行った〇〇のカフェがすごい可愛くてー(こちとらアニカフェしか行きませんが)」

「髪の毛パーマかけたいけどお、傷むからあ。でもパーマ可愛いしい(以下エンドレス)」

「やばいめっちゃうける!!!!!!!(うけない!!!!!!!)」

 

悪意ありまくりですかね…?

でもマジでこんな会話をね、会社でね、エンドレスで毎日聞いてるんですよ!!

もうね、溶けそう。この人らと会話すると脳みそが溶けてる音が聞こえる。

だから私職場に友達いないんですよ。(かわいそう)

 

まず職場にオタクがいないのでね。

オタバレはしてもいいけど、バレるとなんか心なしか有休取りづらい気持ちになりそうなのでとりあえず隠してます。

 

なので友達同士で鋭いカミソリのような(?)会話を繰り広げるのは本当に楽しい!

友達の女たちはノリやらツッコミやらが本当に鋭いので、一つ一つの会話が刺さってめちゃくちゃ楽しい時間を過ごせてます。

 

 

ここまでが陽で以下は陰!

 

というわけで私と仲良くしてくれる女たちは本当に楽しいし狂ってるしセンスあるし大好きなんですが、

その大好きな気持ちが降下しそうになるのがそう、現場…。

 

まず現場に行く前からトラブルの種はいくらでもある。

お金の支払いやら応募やらで各々考え方が違うからなんとなく険悪になったり。

 

あと一緒に現場行ったら行ったで、全部自分の好き放題な感想を話せるわけじゃないしさ…。

友達の好んでるキャストの話を中心にしたりとか、その子の好みじゃない子の話はやめとこうかな…って無意識になったりとかさ、ありますよね!!

 

あとは友達が推しとまで行かなくても、割と気に入っているキャスト(明言してない)を守備範囲だと把握してなくて、

その為に悪気なくdisに当たるようなこと言っちゃってヤベエ!!!って冷や汗かいたりとか!!

 

あとはずっと舞台の話できるわけでもなかったりして、食事の時間では愚痴聞くことになったりね…(笑)

 

まあね、仕方ないんですよね。

普通の友達ですらも自分と全て気が合う人なんていないし、

まずオタクとしてのスタンスが近くて、年齢も近くて、オタク話もそうじゃない話もできるって関係が貴重なのはわかってるので、友達は本当に大切に思ってます。

 

でもオタクだと現場現場で否応なしに特定の子と関わり続けることがあったりするから

いわゆる普通の友達より距離を取ったり、適切な距離感のお付き合いをするのが難しいんですよね~。

別にみんな好き好んで嫌いになりたいわけじゃないのに、しんどいですよねこの距離感…。

 

これの最たるものが同担拒否なのかなって思います。

同担だったら嫌でも毎回毎回顔合わせざる得ないですもんね。

その上で気が合う人合わない人がそれぞれいて、なのにクソ狭い現場に詰め込まれて一々それを目の当たりにしなくちゃいけなくて…。

同担拒否って公言してない人でもきっとつらいものはあるでしょうね。

 

私はそういう諸々がしんどいので、もし推しのファンクラブが設立しちゃったらどうしようかな~と今から考えてます。

disのつもりじゃないんですが、ファンクラブイベントとかバスツアーとか本当に苦行な空間じゃないですか?

みんなが推し見たい!推し見たい!って同じこと考えているのに年齢も性格もバッググランドもバラバラでさ…。

多分二推し推しくらいの子のイベントが一番楽しく過ごせそう。

 

そして現状への解決策は、やっぱり時々は一人で観劇することかなあ。

現場に行って友達とか知り合いに会って、「あの時のここめっちゃよかったよね!」って一言言えたらいいし、

言えなくてもTwitterか夫か母親に聞いてもらえばいいし。*1

 

以前に大好きな方のブログに投げた感想なのですが、

友達との観劇はもう女子会と思って割り切って、観劇は自分一人で行く時が観劇なんだと思って楽しもうと思います!

女子会は女子会でいいものですしね!

 

今後軽快な陽のオタクになることも人生の目標(壮大)なので、現場でラフに会話できるゆるいお友達が増えるきっかけにもなるかもだし、

一人観劇の処方箋は私には合ってるのかなあと思います。

*1:私はマザコンオタクなので母親にちょいちょいキャストのTwitterのスクショを送りつけながら、テニスの感想や推しの良さを聞いてもらっています。マジでお母さん長生きしてくれなきゃやだ…。涙