誤認ファンサ

只今自分の推し舞台(?)の公演期間真っ最中です。

私は特に好きなキャストがいないではないのですが、このカンパニーを愛しているし

年取れば取るほどキャストみんなが可愛くてDDにならざる得ません。

だから特定の誰かが見れなくちゃイヤ!という執着もなく

舞台のストーリー全般と、まっすぐ座った際の視線上にいるキャストを楽しく拝見する日々です。

 

それにあたり、今回ちょっとふふっとなる出来事がありましたので書き残しておこうかな、と思います。

 

先述した通り、私は推しだけを定点観測する観劇スタイルではないので

視線の先に来たキャストはとりあえず可愛い…ありがてぇ…と思って眺めることにしています。

今回の公演をありがたいことに全通できることになりまして、またチケット運にも恵まれ、それなりな前方で観る機会も何度かありました。

 

ただ、ここに至るまでの席が、前後移動するだけで本当に偶然ほぼ同じ行の席で、

自分の視界がアップになるか引きになるかだけで、それ以外はほぼ変わらないというミラクルが起きてしまいました。

 

そうなるとまっすぐ舞台を見た時に、立ち位置的に絶対特定のキャストを毎回見つめることとなりました。

もちろんDDなので、彼から目を背けて他の子を見たい!という欲求もないので、席に任せて前方を眺めていたのですが、

 

全通している、かつ、いつも自分の立ち位置の前にほぼゼロズレで座っている=こいつ俺のファン?と本人に思われてしまったように思うのです!(笑)

 

ある時、その日だけたまたま天井席だったので

遠目からオペラで楽しく観劇し、帰ろうとしていました。

推し舞台ではお見送りがあるので、キャストの前*1をまた「ありがてぇ…」と思いながら通り過ぎようとしたら

件のゼロズレの彼が立ってたんですね。

 

そしたら小さく「あっ!」と言って一生懸命多めに手を振ってくれて…

とっても嬉しかった。でも同時に「私あなたの本気愛のファンじゃないのにファンサさせちゃってごめんね…。」という罪悪感が残りました。

 

その一件以来、きっとこの子はよくファンの顔を見てて、自分のファンを大切にする子なんだなあと今まで以上に好感が湧きました。

多分彼だけでなく、推しのキャストの為にサイドチェンジなどして視線上に座ろうとする子はいるのでしょうね。

ただ、偶然そこに座っていただけの私がそう思わせてしまって申し訳なくなってしまって…。

 

そしたらなんだか段々彼のことが愛おしくなってきてしまって、

なんかTwitterやブログの写真見てても今まで以上にカッコよく感じるようになってしまって(笑)

誤認のファンサから2推しくらいにランクアップしそうになっています!

オタクってなんてちょろいんでしょうね!!!!(笑)

 

 実は1推しの子も以前にファンサを貰ったのがきっかけで興味を持ち始めて好きになってますし、

ファンサきっかけでファンになるという話は時折見聞きするのでよくあるケースなのかも知れませんね。

 

 

ただ、ファンサって怖いですよね。

こういうことが続くとファンサがなかった時に物足りなくなってしまいそうなのが怖いです。

お芝居なのだからファンサがないのが当たり前なのに、たまたま幸運で貰っているだけということを自分が忘れるかもしれないことが怖いです。

 

また、良いお席で観れるのは嬉しいのですが、こういう形で前方席が続くと、

意図せず認知されることがあるのだなとその点にも正直恐ろしくなりました。

 

私はキャストからの気まぐれのファンサは欲しいけれども認知は別にして欲しくないという最高にわがままなニーズを持っているので

今回彼に一時的にでも認知されてしまったことが正直怖く感じます。

 

だって認知されてるってことは出席確認の対象だし、お手紙やプレゼントやカレンダーイベントとかも行かなきゃいけないじゃないですか?!(妄想?!)

 

私は観劇は好きですが、写真集とかカレンダーはあまり欲しいと思わないし、

接触イベントもなんとなく怖くて*2苦手なのであんまり興味がないんです。

 

 そうなると観劇しかしない認知ってどうなの?ってなりますよね。

 向こうからしたら舞台は通っても自分自身にはお金落とさないんだなコイツって存在ってどうなんでしょう。

 

色々被害妄想も大いに交えながら想像すると

一時のラッキーは幸せでしたがなんとなく気が引けてしまいます。

 

そんなこと言ってて次の公演の時には私のことすっかり忘れ去られているかもしれないし杞憂に終わるかもしれないのですがね(笑)

 

 ただのキャストの気まぐれであることを祈って、

引き続き楽しく観劇していきたいと思います!

*1:関係ないんですけどお見送りって嬉しい反面私はなくてもいいよな~って思う時があります。お見送りの最後の方になるとキャストの顔に明らかに疲れが浮かんでて顔色悪そうで可哀想になります…。とは言えお見送りがあるとわかると、お見送りをパスして帰るわけでもない私も運営と同罪なのですがね。ほんと椅子に座らせてあげてほしい。

*2:俳優さんと軽快に喋るとか絶対できなくて、楽しいよりも自己嫌悪が勝る自分が想像つくし、そういう現場にいる熱いファンの人に自分の存在が知られてしまうのもなんとなく苦手なんです。同担拒否ではないのですが、一生懸命積んでる人と肩を並べるのも気がひけるし、私は俳優さんにとってもファンの方たちにとってもなんかひっそりといる人になりたいので…。